2020年02月28日

まだでした、政府の対応






wakkanai88_31_nf.gif

↑↑↑↑↑ポチっと押して応援をお願いします。稚内関連のブログも見れます

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

↑↑↑↑↑北海道の釣り情報はこちらから

超おすすめグルメ

↑↑↑↑↑管理人「こーすけ」の超おすすめグルメ(ハズレなし)

サーモンプレミアムを探しいます

↑↑↑↑↑サーモンプレミアム探しております。知っている方はこちらから

youtube稚内の釣り人こーすけ

↑↑↑↑↑youtubeもやっています。是非チャンネル登録よろしくお願いします!!

今日は少し時間があったので、ドライブがてらに今年開幕で行こうと思っていた川の偵察に行ってきました。

B7980053-EE12-4154-A0A6-2B78560CC929.jpeg

3A30FEAF-3A54-4D3A-9AB6-69DEAD3AECC3.jpeg

13AF4747-0209-46F3-A89E-5B79204E77C3.jpeg

まだまだ雪がありますね(笑)

今年は暖冬で、雪も少なかったので、ワンチャン行けるんじゃね?と思い、竿を持って向かったのですが、もうちょっと雪解けまでかかりそうです。

雪が少ないといっても、まだまだマイナス5度とか普通なので、早いですよね。
でも、我慢できなかったんです。


さて、コロナウイルス、いよいよ各所動き出してきてますね。

稚内市内は木曜日から、幼稚園、小中学校は休校になりましたが、金曜日からは全道で休校。

そして、政府の方からは全国に、春休みまで休校要請を出したとか。

色々賛否両論ありますが、私は評価していますよ。

でも、やれ、そんな措置をとるなら、もっと早い段階でC国の入国を制限してれば良かったのだの、責任を何も取らないTVのコメンテーターの方がグダグダ言っていますが、個人的には、そんな簡単に入国拒否とかできないだろ、って思っています。

今回の春休みまで休校にするにしたって、共働きの世帯はどうするんだとか、そしたら児童館を開けたら何にも意味ないとか言っていますが、じゃあ仮に入国制限したとしたら、その制限したことによって損失がある観光業界はどうなるんだ?って話になってきますよね?

お客さんが来なかったら、ホテル・旅館とかだって困るだろうし、それに食品関係とかも困ると思います。

批判は誰でもできる。しかもコメンテーターは、後出しジャンケン的に発言している。

嫌だったら、自分が国会議員になって、自分で国を変えたらいいんです。

私にはそんな甲斐性がないので、政府の決定に従うまでです。

今、ここぞとばかりに野党が与党を批判とかしていますが、私からしたら

「いやいや、お前らにも任せらんないから(笑)」

と言った見方をしてしまいますね。


2009年に民主党に政権交代したときを思い出します。

当時サラリーマンで室蘭にいたのですが、自民党に嫌気がさし、少しでも生活が良くなれば、何か変えてくれんじゃないかと思い、民主党に票を入れたわけですが、個人的にはさらにもっとひどくなった、というのが個人的な感想です。

H山さんが首相をやっていた、今思うとゾッとしますよね。

唯一の良策といえば、今でも続いている子ども手当てくらいでしょうか。

話を戻し、私の仕事はどうするかな?と思っています。

生徒からプリントを見せてもらうと、個人的な習い事は規制しないと書かれてありました。

とりあえず、高校受験が終わるまで様子見で、終わってから今後の対応を考えようと思います。

金銭的に、いつまでも休んでいるわけにはいきません

私の好きなホリエモンは、騒ぎすぎだ、と言っています。

騒ぐ割に、旅行行ったり、人込みの中に言ったりなんなの?的な発言ですね。

確かに、まだインフルに比べ、致死率はそんなに高くないのですが、うちには小さい子もいるので、怖いには怖いです。

今後どうなるのでしょう?

では、また






こどもクリニックはぐ様のホームページはこちら

錦産業株式会社様のホームページはこちら

保険サービス株式会社様のホームページはこちら

稚内地方通年雇用促進協議会のホームページはこちら

稚内市社会福祉事業団のホームページはこちら

稚内のタクシーは「稚内無線センターへ」

水野船具店のHPはこちら

稚内軽量運輸株式会社様のHPはこちら

稚内リサイクル館様のHPはこちら
posted by こーすけ at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187209209

この記事へのトラックバック