2018年11月18日

経費のお話 自宅を事務所として使う

wakkanai88_31_nf.gif

↑↑↑↑↑ポチっと押して応援をお願いします。稚内関連のブログも見れます

ちょっと真面目なお話。いつものブログとは趣が違うので、スルーしてください(笑)

私の知り合いで、今年から個人事業を始めた方がいて、その方から相談を受けました。
「自宅の一部を仕事の事務所として使用しているんだけど、どうやって経費に計上したらいいのでしょうか?」という内容の相談です。

注)私は税理士とかではありません。あくまで「こうかな?」レベルの推測です。記事にとんでもない間違いがあるかもしれませんので、ご注意ください。参考にしないでください(笑)

その方は、自宅の一部を事務所として使っているので、その分を家賃として経費にしたいみたいです。
でも正直、それってできるのかな?と思いネットで調べてみました。

調べたところ、持ち家の場合、そういう風な経費への算入はできないようです。

経費にするなら、その自宅を一旦資産計上し、それを減価償却という形で経費に算入するようです。しかも減価償却を家事分と事業分とで按分するみたいです。

事業を始めてから、持ち家を購入した場合、築年数が法定耐用年数を過ぎていた場合、概ね4年で償却するようです。

その方は、家を中古で買って直して住み、それから2年たった後に、個人事業を始めているので、事業をはじめたそのときから購入金額を4年で償却するのではなく、2年分償却後の金額を計算し、減額したあとの金額を建物で資産計上し、それを2年で償却すると思われます。(間違っていたらごめんなさい)

だとすると、持ち家の一部を仕事で使っているのに、少しの間しか、経費に計上できないことになります。
なんか意外でした。
まあ、中古で古い家を買った場合、最高4年でしか償却できないので、そんなもんかといえばそうかもしれません。

しかも減価償却後、残存価格を0にしたときに、家を売ったとしたら、売った金額がそのまま所得になり、すごい税金を払わなくちゃいけないともネットで見ました。
恐ろしいです。

短期間で売ったときに、短期売買なんちゃらってので、結構税金がかかるとは聞いたことがあったのですが・・・。


その方は、始めて確定申告をするので、青色申告の説明会に行くといっていて、そこで聞いてみると言っていました。

それが一番確実です(笑)

私も自分で確定申告をしていますが、特殊なケースはわからないので、専門家に聞いたほうがいいと思います。







こどもクリニックはぐ様のホームページはこちら

錦産業株式会社様のホームページはこちら

保険サービス株式会社様のホームページはこちら

稚内地方通年雇用促進協議会のホームページはこちら

稚内市社会福祉事業団のホームページはこちら

稚内のタクシーは「稚内無線センターへ」

水野船具店のHPはこちら

稚内軽量運輸株式会社様のHPはこちら

稚内リサイクル館様のHPはこちら
posted by こーすけ at 02:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 個人事業
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184998849

この記事へのトラックバック