2018年10月26日

2018年のアキアジ釣り足跡vol.3 タナ編

wakkanai88_31_nf.gif

↑↑↑↑↑ポチっと押して応援をお願いします。稚内関連のブログも見れます


今回はアキアジ釣りのタナ(深さ)について書こうと思います。

ぶっちゃけ何も考えていません。(笑)

いつも大体1.5m前後でやっています。

シーズン序盤の8月の末頃に、声問漁港でめっちゃ深くで釣れてることがあって、そのときに3mのフカセを作ってやっていましたが、それ以外はほとんど1.5mです。

よく、釣れてる人のタナを見て、今アキアジがどのへん泳いでいるか?とか考えながら釣りをしている人がいますが、私はあまり気にしていません。
だって、
以前、左隣の人はタナが2mくらいの深さで釣っていると思いきや、右隣の人はすごい浅く1mあるなしで釣っていたのを目撃して「どっちやねん?」と思ったことがあります。

多分アキアジは、その魚によって泳ぐ深さがそれぞれ違って一概にどの深さとかいえない気がします。

あ、そうそう、西稚内漁港の左のテトラがあるほうの浅瀬で、フカセのウキ下20cmくらいで2回かけたこともありました。

みんな岸壁の先端の外海に一生懸命投げているときに、左の浅瀬のほうで投げていたら釣れました。

ただあそこは超危険です。仕掛けをロストする可能性が高いです。
浅い上に海草がいっぱい生えていて、私も根掛かりで仕掛けをロストするところでした。
一回すぐ目の前で、根掛かりしてしまったので、ウェイダーをはいて取りにいきました(笑)


結論からいうと、困ったら1.5mということです。
あと、西稚内の浅瀬は気をつけろ、ということです

では、また

こどもクリニックはぐ様のホームページはこちら

錦産業株式会社様のホームページはこちら

保険サービス株式会社様のホームページはこちら

稚内地方通年雇用促進協議会のホームページはこちら

稚内市社会福祉事業団のホームページはこちら

稚内のタクシーは「稚内無線センターへ」

水野船具店のHPはこちら

稚内軽量運輸株式会社様のHPはこちら

稚内リサイクル館様のHPはこちら
posted by こーすけ at 03:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 2018年アキアジ釣り
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184774732

この記事へのトラックバック