2018年06月14日

個人事業の始め方

wakkanai88_31_nf.gif

↑↑↑↑↑ポチっと押して応援をお願いします。稚内関連のブログも見れます

今回は、なんとなく個人事業の始め方、というか個人事業の経営についての考え方を、私なりの見解を少し書こうかと思います。
嫁さんの知り合いで、個人事業を始めようと思っている人がいると聞き、こういう風に考えたらいいんじゃないかという、私なりの考えです。

まず、個人事業を始める際に、多分色んな方がハウトゥー本を読んで、事業計画書がどうとか、開業にあたっての心構え、人間関係をどう築くべきかとか、色々なことが書いてありますが、そういうのは始めのうちはあまり気にしないほうが、いいと思います。どうせ考えた通りにいかないことの方が多いので。
それよりも大事なのは、既に個人事業を何年もやっている先輩に、アドバイスを受けること、自分がこうやっていきたいとか、こういう風に展開していきたいとかを話して、それについてどう思ったか率直な感想を聞くことの方が、よっぽど役に立つと思います。

きっと、自分の目線とは違う目線のアドバイスをくれるはずです。その方の、事業の規模はあまり関係ありません。同じ経営者でも、会社の社長とかの話はあまり参考にならないかもしれません。
なにより、個人事業主と違い会社の社長は傲慢な人が多いような気がします。

あと、親、親戚、友達とかに相談するのも、あまりオススメしません。
なぜなら、その人たちは個人事業、つまり経営者になったことがない人ばかりだからです。
いつも私が言っている、金持ち父さんの中に出てくる、一番高くつくのは、親しい人の無料のアドバイス、ってやつです。

十中八九、否定的なことしか言いません。やってみなければわからないし、そもそも彼らもやったことがないので、アドバイスできるわけもありません。

次に、具体的にどのくらい稼ぎたいか、大雑把に考えてみることも大事です。
例えば、サラリーマン時代に毎月手取り20万稼いでたとして、将来の保障も考えて、毎月30万を目標にするとします。

機械関係、運送業を始めるとすると、月に30万稼ぐなら経費など考えて、少し多めの40万を売上目標にします。
週1で休みを取るとすると、月に25日働く計算になり、1日に1,6000円稼ぐと目標金額に到達します。
機械関係なら、自分でユンボとか機械をもっているなら、オペレータ代と機械代合わせて、一日16000円は余裕で行くでしょうし、自分はトラックで物を運んでいる間、遊んでいる機械をリースで貸し出してもいいかもしれません。

ようは、1日平均16000円稼げそうなら目標を達成し、事業成功です。
小売業は別ですが、1000万も年間に売上なくても、全然食べて行けます。
ようは、目標金額から逆算して、一日にどれくらい稼げるか、一月でどれくらい稼げばいいか把握して、それを達成できそうか出来なさそうか、簡単に言えばそれだけでいいんです。

それが始める前に、お店の立地条件はどうとか、稚内市の人口の年齢別の人口はどうとか、そんなことを考えるのは二の次です。理論的なことを考えてると、いつまでたっても始めれません。

競合他社はどうか?そんなのいるに決まってます。大事なのは、競合他社がいても、自分に仕事が回ってきて、目標金額に届きそうかどうかです。

職種にもよるかもしれませんが、最初はいかに借金をせずに、お金をかけずに始めれるかも大事です。
借金も少額なら、辞めてサラリーマンに戻ったとしても、少しずつ返していけます。
道具が必要だとしたら、最初は中古で。新しいものは、もうけてから買えばいいんです。
店舗とか家とかもそうです。もうけてからでいいんです。職種によりますが。

あと、始めるならなるべく若いときのほうがいいかもしれません。
独身のうちとか、子供が生まれる前とか。
家族が増えると、その分責任も増え、少しの失敗が致命傷になり、家庭に影響を与えるかもしれません。
私は28歳のときに、個人事業を始めて、まだ子供がいなかったから、思い切って始めれたのかもしれません。
子供がいたら、脱サラするときに、嫁に猛反対されてたかもしれません。


個人事業主は結構孤独な生き物です。
私も仕事について話せる人は、数人しかいません。年に一回話すかどうかです。
正直少しさみしいときもあります。
忘年会とかいいなあ、とかも思います。

最後にこんな私でよければ、コメントをくだされば、まだ9年目の若輩者でございますが、軽くアドバイスはします。

何を書きたいか、またわからなくなりましたが、今回はこれで終了です。

やっぱりもう少し作文力をつけないと

こどもクリニックはぐ様のホームページはこちら

錦産業株式会社様のホームページはこちら

保険サービス株式会社様のホームページはこちら

稚内地方通年雇用促進協議会のホームページはこちら

稚内市社会福祉事業団のホームページはこちら

稚内のタクシーは「稚内無線センターへ」

水野船具店のHPはこちら

稚内軽量運輸株式会社様のHPはこちら

稚内リサイクル館様のHPはこちら
posted by こーすけ at 06:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 個人事業
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183539605

この記事へのトラックバック